EDUCATION

2023日本語スピーチコンテスト大学生部門 3位 Raz Trippさん

受賞者からのコメント  今年のJSANZのスピーチ大会に参加できた事をとても嬉しく思っています。することで自分がまだまだ成長できると実感し、勉強への情熱を改めました。末期のお爺さんの看病をしていたため、授業にあまり顔を出せなかったにも関わら...
EDUCATION

2023日本語スピーチコンテスト大学生部門 2位 Sang Lee Yunさん

受賞者からのコメント  JSANZ スピーチコンテストは日本語を学んでいる学生たちに自分の大切な願いや願望を表明する機会で,とても素敵なイベントです。そして、この素晴らしいコンテストで2位に選ばれ本当に嬉しくて光栄だと思っています。人との繋...
EDUCATION

2023日本語スピーチコンテスト大学生部門 優勝 Liza Yooさん

受賞者からのコメント  JSANZコンテストで入賞できたことに感謝しています。この機会を通じて、自身と周囲の人たちについて振り返る貴重な機会が得られ、色々考えさせられました。練習中にはよく言い間違えたり、ペースが乱れていたりして、本番では上...
EDUCATION

JSANZ主催・2023日本語スピーチコンテスト大学生部門 結果発表まとめ

報告:二水会役員・三菱商事Auckland支店、清水泰雅 二水会が本イベントを支援する背景 他言語(第2外国語)を話すことは、その国の文化を知り、その国民とのコミュニケーションに欠かせない。また特に、日本語を話す若いニュージーランド人世代が...
EDUCATION

インクルーシブなニュージーランド〜多様性を受け入れる共生社会②

カイパラカレッジでのインクルーシブ教育:数学と日本語の教育 一人一人の生徒と向き合い、関係構築重視 (relationship base) を心がけ、現地の学校や地域で、 評判の数学教師である山本真也さんは、日本で中学校教員の経験を持つ。現...
EDUCATION

インクルーシブなニュージーランド〜多様性を受け入れる共生社会①

幼児インクルーシブ教育:多様性を尊重し、すべての子どもに平等な機会を ニュージーランドの幼児教育のカリキュラム・テファリキ(Te whāriki)には、各子供の特性や背 景を尊重しながら成長できることが強調され、プログラムを展開している。岸...
EDUCATION

ニュージーランドの高校で 受けられる将来へのサポート

2022年8月号掲載 インタビュー特集:タラデール高校アンドレア・シムス先生 ニュージーランドでは、生徒が卒業後に就職をして自立した生活を始められるよう高校在学中から支援しており、今回はタラデール高校ではどのような支援をしているか、Head...
EDUCATION

学生に人気の職業とは⁉

2022年7月号掲載 高校では将来の職業に備えて科目を選択するという前回に続き、最終回の今回は学生たちに人気の職業についてお話しします。 職業に就くタイミング ニュージーランドの義務教育は16才までで、イヤー11終了後に学校を出て仕事に就く...
EDUCATION

全国統一の高校教育認定資格NCEAとは

2022年6月号掲載 NCEA(National Certificate of Educational Achievement)の評価や選択科目は、大学進学や就職に大きく影響します。 NCEAは高校3年間の指針 NCEAは学生の達成度を評価...
EDUCATION

これがニュージーランドでの学生生活③

2022年5月号掲載 多民族が共存するニュージーランドでは学生生活も国際色豊かでユニークです。今月は、制服や校則の特徴についてお伝えします。 スポーツは楽しむもの 日本の学校の部活動のように、いわゆる体育会系の厳しい規則に縛られたスポーツ活...
EDUCATION

これがニュージーランドでの学生生活②

2022年4月号掲載 多民族が共存するニュージーランドでは学生生活も国際色豊かでユニークです。今月は、制服や校則の特徴についてお伝えします。 公立小学校も制服がある 公立、私立を問わずほとんどの学校で小学校から制服が指定されています。制服は...
EDUCATION

これがニュージーランドでの学生生活①

2022年3月号掲載 ヨーロッパ系、マオリ系、アジア系、太平洋島嶼国系など多民族が共存するニュージーランドでは学生生活も国際色豊かでユニークです。 1日の始まりはWeet Bix から 朝食には、シリアルのウィートビックスが子どもたちに人気...
SHARE!
タイトルとURLをコピーしました