IMMIGRATION - 移住

IMMIGRATION - 移住 IMMIGRATION

ニュージーランド移住に欠かせないビザ情報や福祉サービスなどの情報について紹介します。

IMMIGRATION

政府はワクチン接種の更なる普及に努める中、国境を条件付きで開く方向を示すが、早くもロックダウン。ビザ申請の審査の行方はいかに。

早ければ来年初めに入国開始!ただし・・・ 8月12日にNZ政府が発表した国境再開へのロードマップ。強制隔離なし・ありと、基本的に国ごとに区別されるものの、早ければ来年初めには外国人の入国が認められそうです。好ましいニュースで...
IMMIGRATION

ワークビザの変更点、 ローペイドワークビザ申請の留意事項

ローペイドでも2年のESWVを申請可能に ローペイド($27以下)で働いている方に朗報です。7月16日、NZ政府よりローペイドでも2年のESWVを申請できるようになったと発表がありました。また、申請時に必要だった広告を出す必...
IMMIGRATION

移民局が発表、11月1日から新しいワークビザ制度がスタート。

新制度前に、早めに準備を 2021年10月30日をもって、エッセンシャルスキルズ・ワークビザ(ESWV)、タレント・ワークビザ(認定雇用主による)、ロングターム・スキルショーテージリスト・ワークビザ(ワーク・トゥー・レジデン...
IMMIGRATION

クイーンズタウンでホスピタリティー分野のワークビザが取得しやすくなるのか?

人手不足の職業リストの変更 豪州との隔離なし入国、いわゆるタスマンバブルで、国内最大の観光地クイーンズタウンのホスピタリティー分野での人手不足が問題になっています。 移民局はビザ政策に地域の事情をもっと反映し、地域地域...
IMMIGRATION

SMC永住権審査の実際。~なぜ、160ポイントあるのに却下されるのか~

技能移民カテゴリー(以下SMC)では、移民局が定めたポイント表で160ポイントを満たし、給与の基準を満たし、IELTSスコアも満たしているのに、審査で全員の永住権が認められるわけではありません。なぜでしょうか? ①ポイントの計算間...
IMMIGRATION

移民局は年末に突然の変更事項を発表。今年のビザ事情はどうなるのでしょう?

ワークビザの6カ月延長を発表 昨年12月21日、雇用主にサポートされているワークビザの延長が発表されました。今年6月30日まで有効なエッセンシャルスキルズワークビザ(ESWV)・ワークトゥレジデンスワーク(WTR)ビザ・ジャ...
IMMIGRATION

ニュージーランドの福祉サービス・高齢者福祉編

この国の居住歴が長い人も意外と知らないことが多いニュージーランドの高齢者サービス。この国の社会保障や年をとる時に知っておくと得をする年金や医療保険の情報など、プロの方々のアドバイスを元にお届けします。 ニュージーランドの高齢者サービ...
IMMIGRATION

コロナ後、ワークビザ取得は難しくなったのか? より念入りになされる審査にご注意を。

審査基準自体は変わらないが よく、コロナ後にワークビザ取得が難しくなったかと聞かれます。昨年5月のロックダウン明けは審査が一時的に厳しくなりましたが、現在はこれまで通りの審査基準であるが、しっかり審査をされるようになったとい...
SHARE!
タイトルとURLをコピーしました