ニュージーランドビザ最前線

IMMIGRATION

ニュージーランドの国境再開と今後の雇用・永住権について

2022年5月号掲載 国境再開の最新情報 3月より国境がオープンし、現時点(4月20日)では、主にニュージーランド永住者とその家族、ワーホリ、国外にいる学生・ワークビザ保持者は入国可能になりました。5月1日より、日本人...
IMMIGRATION

外国人を雇う雇用主は必須、新しいワークビザに必要な認可企業申請開始

2022年4月号掲載 5月9日から認可企業申請(Accredited Employer)がオープンします。新ワークビザ(Accredited Employer Work Visa)導入に伴い、7月4日以降、外国人従業員を雇う...
IMMIGRATION

ついに今月からボーダーがオープン!国境再開の5ステップを解説します。

2022年3月号掲載 7月から留学生が戻ってくる  約2年の鎖国を経て、ニュージーランドは徐々に国境を再開します。対象者や条件を確認しておきましょう。 ステップ1 (3月1日~) ニュージーランド永住権保持...
IMMIGRATION

2021レジデントビザを申請する人は必見!よくいただくご質問にお答えします。

2022年2月号掲載 Q. 2021インタリムビザとは? 2021レジデントビザ(2021RV)を申請済みの方には、結果待ちの間に現在のビザが切れても、基本的に1年間そのままのコンディションでニュージーランドに滞在でき...
IMMIGRATION

今年7月から新しいワークビザ制度が始まるその前に、雇用主がクリアするべきこととは

2022年1月号掲載 7月3日をもって、エッセンシャル・スキルズ・ワークビザなど現在の6種類のワークビザの申請が終了し、アクレディテッド・エンプロイヤー・ワークビザ(AEWV*¹)が導入されます。この新しいビザ制度では、まず...
IMMIGRATION

2021レジデントビザの申し込み開始。 申請に必要なもの、不要なものとは?

2021年12月号掲載 12月1日から、9月29日の時点で永住権(SMCかEOI・RfW*)を申請済みの『グループ1』の方々の2021レジデントビザの申請が始まりました。(EOIは17歳以上の子どもを含めた申請者に限ります)...
IMMIGRATION

特別永住権を確実に取得する為に気を付けておきたいポイント

2021年11月号掲載 特別永住権申請のチェックポイント この特別永住権は、永住権審査の中でも申請条件が大幅に緩和されていることもあり、一部で審査が著しく簡単と認知されているようです。しかし「簡単な永住権申請」という先...
IMMIGRATION

簡単なビザ申請とは限らない!観光ビザと学生ビザ申請

思い込みは厳禁!ビザ申請で念頭におきたいこと ビザ申請で特に多い思い込みが、観光ビザと学生ビザ申請は簡単だという誤解です。確かに、就労ビザや永住権に比べて発給され易いと言えるかもしれません。しかし実は落とし穴があるのです。 ...
IMMIGRATION

政府はワクチン接種の更なる普及に努める中、国境を条件付きで開く方向を示すが、早くもロックダウン。ビザ申請の審査の行方はいかに。

早ければ来年初めに入国開始!ただし・・・ 8月12日にNZ政府が発表した国境再開へのロードマップ。強制隔離なし・ありと、基本的に国ごとに区別されるものの、早ければ来年初めには外国人の入国が認められそうです。好ましいニュースで...
IMMIGRATION

ワークビザの変更点、 ローペイドワークビザ申請の留意事項

ローペイドでも2年のESWVを申請可能に ローペイド($27以下)で働いている方に朗報です。7月16日、NZ政府よりローペイドでも2年のESWVを申請できるようになったと発表がありました。また、申請時に必要だった広告を出す必...
IMMIGRATION

移民局が発表、11月1日から新しいワークビザ制度がスタート。

新制度前に、早めに準備を 2021年10月30日をもって、エッセンシャルスキルズ・ワークビザ(ESWV)、タレント・ワークビザ(認定雇用主による)、ロングターム・スキルショーテージリスト・ワークビザ(ワーク・トゥー・レジデン...
IMMIGRATION

クイーンズタウンでホスピタリティー分野のワークビザが取得しやすくなるのか?

人手不足の職業リストの変更 豪州との隔離なし入国、いわゆるタスマンバブルで、国内最大の観光地クイーンズタウンのホスピタリティー分野での人手不足が問題になっています。 移民局はビザ政策に地域の事情をもっと反映し、地域地域...