植物の名前 / 縁起の良い寄せ植え

園芸家が見つけた季節のたより 花と野菜と庭とLIFESTYLE

こちらで園芸関係の仕事をする上で、個人的に大変苦労しているのが植物名。NZや英語圏の庭業界では、世界で共通の学名とコモンネームと呼ばれる通称名で植物が流通、紹介されています。お客様にプランを提出する時は、学名とコモンネーム両方を記載してプランティングプランを作ります。日本というのは独特で、もちろん専門的には学名が存在するのですが、園芸業界でも学名をローマ字読みしたもの、もしくは姿形から名付けられた和名がごちゃごちゃになって植物名として扱われています。そして観葉植物においては、業界で扱う短縮名もあったりします。

ちなみに10号鉢が直径30センチの鉢だよ
スカビオサと近縁のナウティア(Knautia macedonica)。日本ではクナウティアと表記される事も。Kをローマ字読みして別名に、、、。

日本で園芸業界のイロハを学んできた私にとって、この植物名の覚え直しは本当に苦労しています。特に間違ったローマ字読みの植物に出会うこともしばしば。例えば、古代エジプトで紙を作る原料にしていたシペラス。こちらのガーデンセンターでも夏になるとチラホラ見かけます。これは学名からきた日本名と察して、それっぽく発音したら通じるかと思いきや通じず、という苦い経験が。これがサイプラスと呼ばれる事を知り学名を見たらCyperus papyrusの文字。このCyをシと読んで普及したんだろうと推測しました。このローマ字読み表記の植物には、心底大変苦労しているという訳です。でも、日本独特の風情を感じる和名は大好きです。スカビオサ(Scabiosa japonica)を日本名では松虫草と呼びます。スカビオサの情景や季節感を想像できる名前は美しく、これまた日本の大切な文化の1つなのではと感じます。ちなみに、NZでこの時期よく見かけるスカビオサは西洋松虫草(Scabiosa atropurpurea)でヨーロッパ原産種。

Naomiさんの新年のご挨拶

年末年始に楽しみたい縁起の良い寄せ植え

年末年始の大イベント、クリスマスそしてお正月のテーマカラーといえば紅白。縁起の良い色としてお祝い事でよく使われる色合いです。せっかくなので、縁起色の中でも元気の出る赤色を取り入れた寄せ植えを作ることにしました。年末年始から長いスパンで楽しめる、観葉植物の寄せ植えを紹介します。

使用したもの
楕円形の盆栽鉢、ミニタイプのアンスリウム、ドラセナ(Dracaena colorama)、フィカス バーガンディ(Ficus elastica ‘Burgundy’)、レックスベゴニア、コルムネア(Columnea)、シダ類(Blechnum silver lady)。紹介した植物を使わなくても、色々な品種でチャレンジしてみましょう!

植物選びのコツ
赤をテーマした場合、赤み帯びた葉色の植物を組み合わせるのがポイント。そして色々な葉の形の品種をミックスして使うのも、単調にならずおしゃれに見せるコツ。緑の濃淡バリエーションがあると、さらに雰囲気UP。シダ類を入れると爽やかな印象に。

今後の管理
乾いたらたっぷり水をやります。それぞれ成長してくると、小さな鉢には収まらなるけれど、その時が植え替え時。1年ほどは、そのままで楽しめます。

鉢とミニタイプの観葉植物を準備

鉢とミニタイプの観葉植物を準備。必ずメインになる植物を決めて、それを基準に色合わせを決めていきます。今回は赤のアンスリウムをメインに。

鉢穴はネットや小石を置いて土が流れ出さないようにし、その上に用土を少し敷き詰めます。
1. 鉢穴はネットや小石を置いて土が流れ出さないようにし、その上に用土を少し敷き詰めます。土はハウスプランツ専用土、もしくはコンテナ用の土にパミスやココヤシ繊維を足して改良したものがGood。苗はそれぞれ根を少し崩して植えます。
まず正面を決めてメインの植物を置きます。
2. まず正面を決めてメインの植物を置きます。その他の植物は根をほぐして生花を生けるように、少し手前に倒したり斜めに傾けたりしながら、鉢の中心からふわっと広がるよう意識して植えます。
苗の間に用土を足して、苗がぐらつかないよう、棒などでつつきながら用土を入れていきます。
3. 苗の間に用土を足して、苗がぐらつかないよう、棒などでつつきながら用土を入れていきます。土は鉢の淵よりも少し下がるように設定して植えます。そうする事で、水やりの際の水が溜まるスペースを確保します。
最後にココヤシファイバーや砂利など、マルチングをして飾りましょう。
4. 最後にハス口のついているジョーロで、シャワー状の水を鉢底から出るくらいたっぷりとあげます。土が下がるようなら足します。最後にココヤシファイバーや砂利など、マルチングをして飾りましょう。

Naomiさんとネコ先生
Naomi Goto Garrett
五嶋ガレット直美

日本でガーデンデザイナー、イラストレーターとして活動。
園芸雑誌や新聞へのコラム執筆、デザイナー向け講演も行う。
現在クライストチャーチ近郊に在住。

【ブログ】naomigarden8.com