【WEB限定】キャリアインタビュー:中古車・クラシックカー輸出入・販売エージェント 村東みやこさん

ニュージーランドで働く!キャリアインタビュー BUSINESS

長引くコロナ禍で、大きく様変わりしたニュージーランドへの渡航。

そんな中、先日の政府発表の国境再開のニュースに、まだ余談は許されない状況だが、少しずつ国境緩和の兆しが見え始めてきた。

「ニュージーランドで働く」とはどんな感じだろうか?

第二回目はクライストチャーチ在住ニュージーランドクラシックの村東みやこさんに、ニュージーランドでのお仕事事情や起業についてお話を伺った。

Q. ニュージーランドへ来たきっかけは何ですか?

語学留学です。日本ではボルボ正規販売店の中古車輸出部門で働いていました。そこで海外の顧客と仕事をする機会が増え、自分の英語力をもっと伸ばしたいと考えるようになりました。当時ニュージーランドは同社の最大取引相手国だったので知り合いも多くいましたから、留学先はニュージーランドに決めました。

Q. 起業される前はどのようにお仕事を見つけましたか?

ニュージーランドへ留学を決めたときに、別の中古車輸出の日本企業から、ニュージーランドで支店を作りたいので手伝って欲しいとお話を頂き、そのまま支店長として現地支店に就職しました。

Q. ニュージーランドで働く楽しさや良いところについて教えてください。

人種・国籍関係無く多くの人と英語で関われるのが一番楽しいです。

Q. ニュージーランドで働く上で、日本との働き方の違いや大変なところはありますか?

ニュージーランドは完全に契約社会なので、後で問題が起こらないように予め書面で確認しておく必要があります。そこで使う英語が複雑だったり回りくどかったりするので、理解したり、伝えるのに時間がかかることが多いです。

Q. ニュージーランドで働く上で、英語力はどれくらい必要だと思いますか?

勿論仕事の内容によると思いますが、私の場合は、貿易英語、車の部位について、車輸出入の流れについての説明は口頭と書面で出来ることが必須です。

Q. ニュージーランドで起業され自分のビジネスをする中で、一番やりがいを感じること、また反対に難しいと感じる部分について教えてください。

やりがいを感じることは、海外からの商品が顧客の手元に無事到着して、一つの仕事を完了できたときです。
難しいと感じるところは、高価な商品を海外から長期間に渡り輸送するので、その過程で色んなハプニングが発生することがあります。毎回最後まで気が抜けないし、緊張の連続です。

Q. ニュージーランドで働きたいと考えている方に向けて、採用側の視点からどのような人材が好まれるとお考えですか?

専門性と真面目さ、誠実さだと思います。

【さいごに】ニュージーランドで働きたい・起業したいと考えている方に向けて、アドバイスやメッセージをお願いします。

ニュージーランド人は比較的日本人と価値観や常識が似ていると思います。とは言え、言葉も文化も違う国で企業となると、日本で企業するよりも、多くの情報を集めることと、物事を進めるのに細心の注意を払う必要があると思います。まずは少しずつ、着実に手応えを見ながら進められるといいのではないかなと思います。

村東みやこ さん

2006年より中古車・クラシックカー・中古パーツなどの輸出入を行っている。クライストチャーチより日本全国・ニュージーランド全国に対応。
ニュージーランドクラシック
【所】9-11 Waller Tce., Christchurch City,Christchurch
【E-mail】info@nz-classic.com
【Web】nz-classic.com

取材・文 GekkanNZ営業部

タイトルとURLをコピーしました