法律

BUSINESS

正社員として働くか、フリーランスとして働くか?受託者として、ビジネス契約をする際に気をつけるべき点は?

2022年9月号掲載 Q. ニュージーランドでエンジニアの仕事を考えていますが、正社員として働くか、フリーランスとして働こうか悩んでいます。受託者として、ビジネス契約をする際に気をつけるべき点はありますか? 従業員と受...
LIFESTYLE

フラットor賃貸物件 急に追い出されることもある?法律上、借主の立場は弱い?(後編)

2022年8月号掲載 Q. ワーホリでニュージーランド生活をスタートするのに、フラットか賃貸物件を探しています。でも大家さんの意向で、急に追い出されることもあると聞いています。法律上、借主の立場は弱いものなのでしょうか?(後...
LIFESTYLE

フラットor賃貸物件 急に追い出されることもある?法律上、借主の立場は弱い?

2022年7月号掲載 Q. ワーホリでニュージーランド生活をスタートするのに、フラットか賃貸物件を探しています。でも大家さんの意向で、急に追い出されることもあると聞いています。法律上、借主の立場は弱いものなのでしょうか?(前...
LIFESTYLE

この国の賃貸ルールがわからず、契約書などもサインしていません。ボンドを返してもらうのは無理ですか?

2019年1月号掲載 Q. フラットでモノを壊したりしていないし、特に目立った傷なども残していないのに、ボンドを返してもらえません。この国の賃貸ルールがわからず、契約書などもサインしていませんでした。この場合、ボンドを返して...
LIFESTYLE

飲酒運転で国外追放になることも。どんな場合に国外追放となるのでしょうか?

2022年6月号掲載(更新)2018年4月号掲載 Q. 2021レジデントビザでようやく永住権を得ることができました。ほっとしたのもつかの間、ある先輩永住者から「飲酒運転でも国外追放になることもあるから気を付けて」と言われま...
LIFESTYLE

体調を崩したり、けがをしてしまった場合パートタイムの私にもSick Leaveの権利はあるのでしょうか?

2018年09月号掲載 Q. パートタイム(週20時間前後)として今の勤務先で働き始めて半年が経ちました。自身が体調を崩したり、けがをしてしまった場合パートタイムの私にもSick Leave(有給病気休暇)の権利はあるのでし...
LIFESTYLE

ワークビザが下り、日本に残してきた妻のパートナービザを申請したら却下された

2018年08月号掲載 Q. 妻(2年前に結婚)を日本に残し、私一人で昨年NZへ来ました。先日ワークビザが下りたので妻のパートナービザの申請をし、戸籍謄本の翻訳を提出しましたが、却下されてしまったので、アドバイスをお願いしま...
BUSINESS

独立を目指して資金集めに奮闘中の雇われシェフ。ビジネスを開業するにあたり、必要なステップは?

2018年07月号掲載 Q. 現在、独立を目指して資金集めに奮闘中の雇われシェフです。レストランを開店することを念頭に置いていますが、異国の地でまず何から始めていいのか分かりません。ビジネスを開業するにあたり、必要なステップ...
LIFESTYLE

家の購入のための銀行ローン。収入などを銀行に調査されて判断されるの?

2022年2月号掲載 Q.家を購入するために銀行でローンを組もうと考えています。でも、実際に銀行からどのくらいの金額を借りられるのか心配です。収入などを銀行に調査されて判断されるのでしょうか? 信用調査という言葉を聞か...
LIFESTYLE

離婚:夫と共同名義で購入した自宅は、私の両親に購入額全額を出してもらいました。この家も財産分与の対象になるのでしょうか?

2018年06月号掲載 Q. 5年連れ添った夫と離婚することになりました。結婚後すぐに夫と共同名義で購入した自宅は、私の両親に購入額全額を出してもらいました。子どもを引き取ることになっているのですが、この家も財産分与の対象に...
LIFESTYLE

トライアル雇用中に突然の解雇通告。不当解雇であるとして雇用主に対してアクションを起こせないのでしょうか?

2018年05月号掲載 Q. 2カ月前にトライアル雇用で勤務を始めたのですが、突然、雇用主より来週からは来なくていいと解雇通告を受けました。理由を聞いても教えてもらえません。不当解雇であるとして、雇用主に対してアクションを起...
LIFESTYLE

ハーグ条約:日本に住む親に母子で会いに行きたいのですが元夫の許可をいちいち取る必要がありますか?

2021年12月号掲載 離婚したキーウィの夫との間に7歳と10歳の子どもがいます。日本に住む親に母子で会いに行きたいのですが、元夫の許可をいちいち取る必要がありますか?ハーグ条約上、取り締まられてしまうのでしょうか? ...