新型コロナ警戒レベル見直し:どうなるオークランドとワイカト

政府は本日(9月20日)午後4時に、オークランドの新型コロナ警戒レベルを緩和するかどうかを発表する。オークランドでは最も厳しい行動制限である「警戒レベル4」が維持されている。先週、政府がこの措置の1週間延長を発表した際は、その後はレベル3に緩和することを示唆していた。しかし、オークランドのマウントイーデン刑務所から仮釈放された受刑者からの家庭内感染がオークランドと隣接するワイカト北部で確認された。これによる新たなクラスター発生が懸念される中で、政府の判断が注目される。

オークランドのフィル・ゴフ市長は、「オークランド住民は、これまでよくロックダウンに耐えてきた。しかし、それによる弊害も無視できなくなっており限界にきている」とレベルの緩和を希望する。ワイカトのアラン・サンソン市長は、「レベル4のオークランドからレベル2のワイカトへの仮釈放がなぜ許可され、どうして実行されたのか理解できない」と怒りを表明した。疫学者のマイケル・ベーカー博士は、「ワイカト地域が、行動規制が緩いレベル2だったことで感染が拡大している可能性がある。この可能性のある地域に限定してでも警戒レベルを上げる必要がある」との見解を示した。

<参照>RNZニュース(英語原文)

Live Covid-19 updates for 20 September: Cabinet decides on alert levels today
Only one in eight of those who tried for MIQ places released today were able to secure a booking.
Covid-19: Waikato Mayor furious prisoner allowed into district
The Waikato District Mayor says it is not acceptable that a man was bailed from locked down Auckland to an alert level 2 area, where community Covid-19 cases ha...
Epidemiologist Michael Baker on Waikato Covid-19 cases: 'It does change things'
The government should consider the option of extending Auckland's alert level boundary to part of Waikato because of the discovery of Covid-19 cases there, epid...
タイトルとURLをコピーしました