CULTURE Apr 2022

CULTURE Monthly

2022年4月号掲載

Movies

Morbius

スパイダーマンの宿敵は善か悪か

天才医師マイケル・モービウスは幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、兄弟のように育った親友のマイロのためにも、治療法を見つけ出したいという強い思いからマイケルは実験的な治療を自らに施す。しかしそれはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法で、彼の身体は激変してしまう。超人的な能力を身に着けたが、体は人間の血液を求める。自らをコントロールするために人工血液を飲むマイケルだが、血清を投与してほしいとマイロから懇願される。そしてN Yの街では、次々と全身の血が抜かれた殺人事件が頻発し…。

配給先/ Sony Pictures /ジャンル:アクション・ホラー/監督:ダニエル・エスピノーサ/主な出演者:ジャレッド・レト/マット・スミス/アドリア・アルホナほか

Ambulance

ダイナミックなノンストップアクション

妻の手術代23万ドルが必要となった元軍人のウィルのため、血のつながらない兄のダニーは協力し銀行強盗を決行した。しかし計画通りには行かず、偶然見つけた救急車をジャック。中には瀕死の男性警官と女性救急隊員がいた。警官を死なせないようにしながらも、追跡と銃撃戦は緊迫した状況に展開する。

配給先:Universal Studios /ジャンル:アクション・クライム/監督:マイケル・ベイ/主な出演者:ジェイク・ギレンホール/ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世/ギャレット・ディラハントほか

The Bad Guys

怪盗ドリームチームが華麗に活躍

ユニバーサル・スタジオとドリームワークスが手掛ける最新作は、世界中で指名手配されている伝説の怪盗集団“バッドガイズ”の物語。天才的スリのミスター・ウルフをリーダーに、金庫破りのスネーク、天才ハッカーのタランチュラ、変装の達人のシャーク、怪力の持ち主ピラニアの5人の活躍が描かれる。

配給先:Universal Pictures /ジャンル:コメディ・アニメーション/監督:ピエール・ペリフィル/主な出演者:サム・ロックウェル/オークワフィナ/アンソニー・ラモスほか

Book

Shifting Grounds
Lucy Mackintosh

ディープな歴史を写真とともに
風景を物語のタイムスタンプとして、オークランドのプケカワ(オークランド・ドメイン)、マウンガキーキー(ワン・ツリー・ヒル)、イフマタオのオトゥアタウア・ストーンフィールズの3カ所の発展を探求したノンフィクション。ニュージーランドの歴史に対する理解を深めるため、過去を新たに掘り起こし、魅力的に語っています。

ノンフィクション/出版社:Bridget Williams Books/60ドル

ライター
Jenna Todd
Time Out Bookstore
マネージャー

Time Out Bookstore
【所】432 Mt Eden Rd., Mt Eden Village, Auckland
【Ph】09-630-3331
【営】9:00~21:00
【Web】www.timeout.co.nz

Music

Jamie McDell
Jamie McDell

オルタナ・カントリーに浸るなら
19歳での衝撃のデビューアルバムから10年、オークランド出身ジェイミー・マクドウェルの4作目。ギターの音色と歌声に磨きをかけ、カントリー音楽発祥の地アメリカ・ナッシュビルで収録された今作は、軽快なリズム、アコースティックの音色やバンドとの息の合った演奏にリラックスした歌声がひろがり、心地よくなる仕上がりとなっています。

ポップ /アルバム/全13曲/レーベル:ABC Country /25ドル

ライター
Roger Marbeck
Marbecksオーナー

Marbecks
【所】Shop 22 Queens Arcade, 34 Queen St., Auckland Central
【Ph】09-379-0444
【営】月~金 9:00~17:30、土曜 9:30~17:00、日曜 10:00~17:00
【Web】www.marbecks.co.nz

*3月号掲載時の情報です。イベントは中止や延期になる可能性があります。各公式サイトなどでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました