NZ首相と米大統領が電話会談

Share

ビル・イングリッシュ首相は2月6日、トランプ米国大統領と電話会談を行ったことを公表した。

イングリッシュ首相は米国の指定7カ国からの入国制限には反対である立場を伝え、またトランプ氏はニュージーランドとの外交を強化し、TPPの代わりとなる二国間協定も検討していきたい旨などを伝えたという。

先日、トランプ氏とタンブール豪州首相との電話会談では、移民問題についてトランプ氏が激怒して一方的に電話を終わらせたことが話題になったが、それとは対照的にイングリッシュ首相との会談では温かみがあり落ち着いた様子だったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)