オークランドの渋滞による損失は年間19億ドル=NZIER調査

Share

ニュージーランド経済について研究・調査を行うニュージーランド・インスティテュート・オブ・エコノミック・リサーチ(New Zealand Institute of Economic Research;NZIER)は8月3日、オークランドの渋滞の影響により、年間19億ドル(約1,568億円)の生産性を失っているという最新の調査報告書を公開した。

同報告書では、渋滞が拡大すると、例えばオークランド市内の配送が行き届かなくなるなど、企業にとってこれまでと同じ仕事量であったとしても多くの労働力の確保が必要になるとした。

もしインフラ整備が整い、渋滞が緩和すると、13億ドル(約1,073億円)を取り戻す事が可能という。同報告書は関連機関に向けて、渋滞緩和やインフラ整備のための緊急投資を行うよう呼びかけた。

https://nzier.org.nz/publication/benefits-from-auckland-road-decongestion

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)