日本とNZ、特許審査ハイウェイ開始

Share

日本経済産業省は7月3日、日本国特許庁とニュージーランド知的財産庁(Intellectual Property Office of New Zealand、IPONZ)が7月6日から特許審査ハイウェイ(Patent Prosecution Highway、PPH)を開始すると発表した。

これにより日本の企業などは、ニュージーランドにおいて早期に特許権を取得でき、権利の保護を強化し、審査負担を軽減することが可能となる。

日本からニュージーランドへは、医薬品製剤などの技術分野を中心に、年間約200件の出願があるという。ニュージーランドの参加により、PPHの参加国・地域は計38となった。

http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170703001/20170703001.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)