水痘ワクチン接種、15カ月の乳児と11歳の子どもを対象に無料

Share

ニュージーランド政府の医療機関ファーマック(PHARMAC)は6月27日、2016年4月1日以降に生まれた生後15カ月の乳児を対象とした水痘ワクチン接種を、7月1日から1回無料にすると発表した。また、これまで水痘に感染していない、もしくは水痘の予防接種を受けたことのない11歳の子どもも、水痘ワクチンを1回無料で接種できるようになる。

水痘は感染すると、発疹、かゆみなどを引き起こす。感染力が強く、成人や妊婦が発症すると合併症が起こる確率が小児より高いといわれている。

https://www.pharmac.govt.nz/news/2017-06-chickenpox-vaccine/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)