世界平和度指数、NZは2位、日本は10位

Share

世界的に平和活動を行う専門家、研究家らが集う機関ビジョン・オブ・ヒューマニティ(Vision of Humanity)は6月1日、最新の世界平和度指数(Global Peace Index 2017)を発表した。

同指数は犯罪の多さ、内戦の深刻さ、政治や経済の安定など、計23項目で総合的に評価。調査対象は163カ国・地域で、数値が低いほど平和とされる。

最も平和とされた1位は昨年同様アイスランドで、指数は1.111だった。2位はニュージーランドで、指数は1.241。昨年の4位から2スコア上昇した。

3位はポルトガル、4位はオーストリア、5位はデンマークと、上位は欧州が多くを占めた。日本はアイルランドと同位で10位。昨年9位から1スコア下げたが、アジア1位を死守した。

最下位の163位はシリアで、指数は3.814。162位はアフガニスタン、161位はイラクとなった。

http://visionofhumanity.org/app/uploads/2017/06/GPI-2017-Report-1.pdf

Global Peace Index

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)