日本紙パルプ、NZページパックを子会社化

Share

紙関連商品の販売などを行う日本紙パルプ商事(本社:東京都中央区)は4月12日、オーストラリア企業で紙の輸入卸売事業を行うページパック(PagePack)の株式を取得し、子会社化することを発表した。

株式取得は51%。また取得手続きが完了する前に、オーストラリアのページパックがニュージーランドのページパックを100%子会社化するため、日本紙パルプ商事はオセアニア地域最大規模の紙製品輸入販売企業グループを構成することとなる。

日本紙パルプ商事は近年、海外卸売を強化しており、今年に入りベトナム・ホーチミン事務所を開設するなど海外拠点を拡大しているほか、米国企業の買収、インド企業への出資なども行っている。紙製品の国内生産量が低いニュージーランドとオーストラリアの同企業を子会社することで、オセアニア地域の紙卸売マーケットの地位を高める方針だ。

http://www.kamipa.co.jp/

https://www.kamipa.co.jp/news/release/483

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)