NZ首相が作ったピザに非難殺到

Share

ニュージーランドのビル・イングリッシュ首相がフェイスブック上に掲載した自作ピザの写真が話題を呼んでいる。

イングリッシュ首相は4月4日、家族に向けてオリジナルのピザを作っという。ピザにはパイナップルやベーコン、トマトをトッピング。加えてスパゲッティものせていたため、ピザにスパゲッティはふさわしくないとネット上で炎上。中には「残飯」「イタリアに喧嘩を売っている」など批判する声も相次いだ。

この話題は米国のテレビ番組や日系ニュースサイトなどでも取り上げられた。なお、現在はスパゲッティだけでなく、パイナップルもピザにのせるかのせないかといった論争にまで飛び火している。

イングリッシュ首相はラジオ番組などで、子どもたちはそのピザが好き、ピザにスパゲッティやパイナップルをのせるという支持者もいるなどと発言し、そういった批判をあまり気にしていない様子だ。

Cooked dinner for the family last night – like if you agree with tinned spaghetti on pizza!

Posted by Bill English on Monday, April 3, 2017

NZ首相が作ったピザに非難殺到” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)