雪崩でNZ人が死亡、北海道のスキー場

北海道倶知安町のニセコアンヌプリのスキー場で2月25日、幅200メートル、長さ350メートルの雪崩が発生し、スノーボードをしていたニュージーランド人のサム・カールさん(35)が巻き込まれ死亡した。

カールさんは、外国人の仲間3人と立ち入り禁止区域で滑っていたという。

現在Givealittleサイトでは、カールさんの遺体をニュージーランドに戻すための資金募金を呼びかけている。

https://givealittle.co.nz/cause/samkerr

雪崩でNZ人が死亡、北海道のスキー場” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)