アボカドビール、A&Pショーで初披露

Share

2月5日にカティカティで開催されたA&Pショー(A&P Show)にて、ニュージーランドで生産されたアボカドの輸出などを手がけるアボコ(Avoco)がアボカドブース「カティカティ・アボ・エキスポ(Katikati Avo Expo)」を出店し、アボカドの輸出先の紹介やアボカドの無料提供などを行った。

中でも注目を浴びたのは、ビールの醸造を行うロッキー・ノブ(Rocky Knob)が新しく開発したアボカドビール。アボカドビールは米国で誕生したアイデアですがあまり流通しておらず、ニュージーランドでは初めて開発されたというとてもめずらしいビール。アボカドがほのかに香るフルーティーな味わい、かつ濃い目で深みのある味が特長で、原料にはオニオン、ガーリック、コリアンダーなども使用しているとのこと。

ロッキー・ノブ代表のステュ・マーシャル(Stu Marshall)さんは「アボカドビールは通常のビールよりも栄養価が高く、新しい味わいを楽しめます。今回は試用のため限定提供となりましたが、今後商品化を検討しておりますので、いつか皆様が気軽に味わえるよう準備していきます」と語った。

なお、アボコは日本にもニュージーランド産アボカドを輸出しており、アバンザというブランド名で流通している。

ロッキーノブ:http://www.rockyknob.co.nz/
アバンザアボカド:http://www.avanzaavocado.com/jp_home
アボコ:http://www.avoco.co.nz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)