緑色に染まったビーチ、専門家が無害と判断

Share

クライストチャーチ近郊のリッテルトンハーバーやコーセーベイで1月26日、海水が緑色になるという現象が起きた。

専門家が調査したところ、緑色の正体はギムノディニウムという植物プランクトンで、太陽光が海水にあたり多く繁殖したことが原因。

毒性はなく身体には無害であり、遊泳には問題ないという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)