富士ゼロックスNZ、代表のポラード氏が退社

不正会計が発覚した富士ゼロックス・ニュージーランド(Fuji Xerox New Zealand)で、マネジング・ダイレクターを務めていたギャビン・ポラード氏が退社した。地元紙『Herald(ヘラルド)』など各紙が報じた。

ポラード氏は同社のジェネラル・マネージャーとして3年務めた後、マネジング・ダイレクターに就任、約2年務めた。後任が決定するまで、富士ゼロックス・アジア・パシフィック社長の関根勇氏がニュージーランド支店の代表を務める。

http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11901513

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)