今宵はレッツ・ダンシング!オークランドのナイトクラブへ行くなら『101』!

いい歳してナイトクラブが大好き。でも、ナンパは絶対にしません。目的はただ一つ、レッツ・ダンシング!みなさんこんにちは、日曜ブログ担当の天津飯です。

羊だらけの国かと思いきや、さすがにオークランドにも有名なナイトクラブはいくつかあります。

個人的な意見ですが、K-pop系が好きなら『Face』、南米系が好きなら『Eight』、R&B系が好きなら『1885』、とりあえず無難にインターナショナルミュージックなら『Habana Joe’s』がおすすめです。当日のDJの音楽の趣味にもよると思いますが。

ヒップホップ系が好きな天津飯は、かつて『Zeus Club』がお気に入りでした。でも、気がついたらクローズしていました(号泣)。ものすごく雰囲気がかっこよくで、一時期は毎週通うほど大好きだったのに…。

ということで、今のお気に入りはダントツで『Bar 101』です!

ここのDJは、有名なポップミュージックを中心に曲を流してくれるので、ナイトクラブ初心者でも大いに盛り上がれます。入場は10ドル、アルコールも6、7ドルから楽しめますよ。

盛り上がりたいのにDJの音楽の趣味と合わないというのはナイトクラブよくあるある話ですが、ヒップホップ系が嫌いという人でなければ、101は最近の曲もたくさん流れますし、少し前の大ヒット曲も取りこんでくれるので、大多数の人がノリノリになれるクラブといっても良いでしょう。

年齢層は若めですが、たまに40歳近い人もいるので、年代幅広く集まれるのもありがたい。先述のZeusがまだオープンしていた時、あきらかに見た目が10代ばかりの客層の中、ただ1人、年齢層が高いヤツがやたらとノリノリ=天津飯、という状況の時はさすがに悲しくなりました。でも、それくらい、ナイトクラブが大好きなんです…。踊りまくった天津飯を見つけても、その時はどうか、そっと見守ってくださいね。

http://www.bar101.co.nz/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)