電子政府ランキング、日本4位、NZ7位

早稲田大学電子政府・自治体研究所は8月3日、世界主要11大学と提携し、各国政府の電子進捗状況を示す「第13回早稲田大学世界電子政府進捗度ランキング調査 2017」を発表した。

対象は世界のICT先進国を中心とした65カ国。「ネットワークインフラ」「行政管理の最適化」「オンラインサービス」など10項目で評価し、総合100点が満点となる。

2017年度の1位は、昨年に引き続きシンガポールで91.057点。「オンラインサービス」「政府推進」「電子参加」などで高評価を得た。2位はデンマークで88.739点。3位は米国で87.117点だった。

日本は81.236で4位、「行政管理の最適化」「政府」の点数が高かった。ニュージーランドは75.041で7位、「サイバーセキュリティ」で最高得点を得た。

http://e-gov.waseda.ac.jp/pdf/2017_Digital-Government_Ranking_Press_Release_Japanese.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)