※7月17日情報更新済み

日本で英語教師として働き暮らすニュージーランド人のケリー・サベージさん(27)が5月17日、心臓発作のため神奈川県大和市内にある大和市立病院で死亡した。入院中、サベージさんを長時間にわたって無理に拘束していた疑いがあるとし、遺族は病院に対して診療記録を公開するよう訴えている。ニュージーランド紙『ヘラルド(Herald)』が伝えた。

サベージさんは精神病を患い、死亡する2週間前から医療法人正史会大和病院に入院。その後病状が悪化し、大和市立病院に搬送されたが心肺停止となり死亡した。心臓発作の原因は静脈に血栓ができて詰まる深部静脈血栓症とされたが、検死解剖の結果では明確な死因を特定できなかったという。遺族はサベージさんに対し無理な長時間の拘束を行い、それが肺塞栓症を引き起こしたのではないかと疑っている。病院側はそれを否定し、食事時間など拘束は適宜解かれていたと伝えた。

サベージさんの母親と兄はヘラルド紙の取材に対し、「精神病患者は病人であり、罪人ではない。今回の死亡例が国際的な関心を集め、日本の拘束措置に対する意識が変化することを願っている」と語った。

サベージさんは日本に渡航する前、ウェリントンの病院でも精神病と診断され、通院していた過去がある。最近はほぼ回復したため兄と日本で一緒に暮らし、英語教師として働きながら日々の生活を楽しく過ごしていたという。しかしサベージさんは今年4月頃から再び妄想的な発言が多くなったり、奇怪な行動が増えてきたりしたため、兄が日本での入院を勧めたという。

ニュージーランドの外務貿易省(Ministry for Foreign Affairs and Trade )は診療記録の公開に向けて、東京の在日本ニュージーランド大使館が遺族に対し支援を行っていることを明らかにした。

http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11889661

http://www.gekkannz.net/wp-content/uploads/2017/06/news-japan.jpghttp://www.gekkannz.net/wp-content/uploads/2017/06/news-japan-150x150.jpgShinsuke AritaNews日本関連死亡,日本関連※7月17日情報更新済み 日本で英語教師として働き暮らすニュージーランド人のケリー・サベージさん(27)が5月17日、心臓発作のため神奈川県大和市内にある大和市立病院で死亡した。入院中、サベージさんを長時間にわたって無理に拘束していた疑いがあるとし、遺族は病院に対して診療記録を公開するよう訴えている。ニュージーランド紙『ヘラルド(Herald)』が伝えた。 サベージさんは精神病を患い、死亡する2週間前から医療法人正史会大和病院に入院。その後病状が悪化し、大和市立病院に搬送されたが心肺停止となり死亡した。心臓発作の原因は静脈に血栓ができて詰まる深部静脈血栓症とされたが、検死解剖の結果では明確な死因を特定できなかったという。遺族はサベージさんに対し無理な長時間の拘束を行い、それが肺塞栓症を引き起こしたのではないかと疑っている。病院側はそれを否定し、食事時間など拘束は適宜解かれていたと伝えた。 サベージさんの母親と兄はヘラルド紙の取材に対し、「精神病患者は病人であり、罪人ではない。今回の死亡例が国際的な関心を集め、日本の拘束措置に対する意識が変化することを願っている」と語った。 サベージさんは日本に渡航する前、ウェリントンの病院でも精神病と診断され、通院していた過去がある。最近はほぼ回復したため兄と日本で一緒に暮らし、英語教師として働きながら日々の生活を楽しく過ごしていたという。しかしサベージさんは今年4月頃から再び妄想的な発言が多くなったり、奇怪な行動が増えてきたりしたため、兄が日本での入院を勧めたという。 ニュージーランドの外務貿易省(Ministry for Foreign Affairs and Trade )は診療記録の公開に向けて、東京の在日本ニュージーランド大使館が遺族に対し支援を行っていることを明らかにした。 http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11889661ニュージーランド発の生活総合情報サイト