楽しい旅行の前に風邪をひきました。社内で菌をばらまいてくれたスタッフ2人(おもちゃ箱とミオンセ)に対し、損害賠償を請求しようかと本気で考えています、鼻水じゅるじゅる咳ゴホゴホの日曜ブログ担当、天津飯です。

ニュージーランドに来てから、ずーっと行きたいと思っていたホビトン・ムービー・セット・ツアー(Hobbiton Movie Set Tour)に行ってきました。1カ月前に予約して、念願叶って行けるという当日になって風邪がひどくなり、全てが台無しです。それでも、這ってでも絶対に行ってやると思っていたので、フラフラしながら無理やり参加してきました。心の底から、おもちゃ箱とミオンセを恨みます。

さて、このホビトンツアーは、映画好きなら絶対に訪れるべきとされています。しかし、事前に聞いた周りからの評価はイマイチ…。ロード・オブ・ザ・リングファンであっても、みなさん口をそろえてつまらないだの、何もないだの、いろんなマイナスの声が飛び交っていました。正直、これまでニュージーランドで「すごーーーい」っていう観光地を見つけられていないので、たぶん本当にそうなのだろうなぁと期待値はゼロの状態。実際にツアーが終わっての感想はやっぱり、ふ~む…、といった感じでした(笑)。

ちなみに、天津飯が求めていた理想の世界は下記の通りです。

・ホビットの貸し出し衣装があって世界観におもいっきり浸れる→ありません。

・スタッフがホビット(の格好)で映画の再現率が高い→ありません。

・イライジャ・ウッドら出演者の等身大蝋人形などがあって記念撮影ができる→もちろんありません。

・3Dシアターや乗り物などのアトラクションも設置している→全くありません。

・映画に出てくる料理がオーダーできる→ツアーによってはコース料理があるようですが、ほとんどありません。

・お土産グッズが豊富にある→映画グッズが少々置いてあるだけで、チョコレートなどスナック系はほとんどありません。

などなど、出てくる出てくる理想と現実の違い(笑)。

それではなにがあったかというと、映画で撮影されたホビット村のセットがそのまま置かれているだけ!そこをツアーガイドさんと巡るだけのツアーです。最後にジンジャービールが飲めたり、撮影中の豆知識を聞けたり、景色がとても綺麗だったりしたところは楽しめましたが、正直、これで79ドルかぁ~、という気持ちです(汗)。とはいえ、行かなければよかったとは思っていません。もともと映画のファンでしたので、雰囲気だけでもそれなりに楽しめました。でも、2回はないかな~(笑)。そのあたり、ディ○ニーランドやユニ○ーサルスタジオからいろいろと学んでほしいですね。

個人的には辛口評価ではありますが、ニュージーランドは映画撮影大国。せっかくなので、みなさんも一度は訪れてみることをおすすめします。

http://www.hobbitontours.com/

http://www.gekkannz.net/wp-content/uploads/2017/04/staff-blog.jpghttp://www.gekkannz.net/wp-content/uploads/2017/04/staff-blog-150x150.jpgShinsuke AritaStaff Blog楽しい旅行の前に風邪をひきました。社内で菌をばらまいてくれたスタッフ2人(おもちゃ箱とミオンセ)に対し、損害賠償を請求しようかと本気で考えています、鼻水じゅるじゅる咳ゴホゴホの日曜ブログ担当、天津飯です。 ニュージーランドに来てから、ずーっと行きたいと思っていたホビトン・ムービー・セット・ツアー(Hobbiton Movie Set Tour)に行ってきました。1カ月前に予約して、念願叶って行けるという当日になって風邪がひどくなり、全てが台無しです。それでも、這ってでも絶対に行ってやると思っていたので、フラフラしながら無理やり参加してきました。心の底から、おもちゃ箱とミオンセを恨みます。 さて、このホビトンツアーは、映画好きなら絶対に訪れるべきとされています。しかし、事前に聞いた周りからの評価はイマイチ…。ロード・オブ・ザ・リングファンであっても、みなさん口をそろえてつまらないだの、何もないだの、いろんなマイナスの声が飛び交っていました。正直、これまでニュージーランドで「すごーーーい」っていう観光地を見つけられていないので、たぶん本当にそうなのだろうなぁと期待値はゼロの状態。実際にツアーが終わっての感想はやっぱり、ふ~む…、といった感じでした(笑)。 ちなみに、天津飯が求めていた理想の世界は下記の通りです。 ・ホビットの貸し出し衣装があって世界観におもいっきり浸れる→ありません。 ・スタッフがホビット(の格好)で映画の再現率が高い→ありません。 ・イライジャ・ウッドら出演者の等身大蝋人形などがあって記念撮影ができる→もちろんありません。 ・3Dシアターや乗り物などのアトラクションも設置している→全くありません。 ・映画に出てくる料理がオーダーできる→ツアーによってはコース料理があるようですが、ほとんどありません。 ・お土産グッズが豊富にある→映画グッズが少々置いてあるだけで、チョコレートなどスナック系はほとんどありません。 などなど、出てくる出てくる理想と現実の違い(笑)。 それではなにがあったかというと、映画で撮影されたホビット村のセットがそのまま置かれているだけ!そこをツアーガイドさんと巡るだけのツアーです。最後にジンジャービールが飲めたり、撮影中の豆知識を聞けたり、景色がとても綺麗だったりしたところは楽しめましたが、正直、これで79ドルかぁ~、という気持ちです(汗)。とはいえ、行かなければよかったとは思っていません。もともと映画のファンでしたので、雰囲気だけでもそれなりに楽しめました。でも、2回はないかな~(笑)。そのあたり、ディ○ニーランドやユニ○ーサルスタジオからいろいろと学んでほしいですね。 個人的には辛口評価ではありますが、ニュージーランドは映画撮影大国。せっかくなので、みなさんも一度は訪れてみることをおすすめします。 http://www.hobbitontours.com/ニュージーランド発の生活総合情報サイト