“NZ産”ではなかったサプリ、約53万ドルの罰金

健康サプリメント「ネイチャー・ビー(NatureBee)」ブランド商品の販売を行うトップライン・インターナショナル(Topline International)は5月19日、オークランド地方裁判所(Auckland District Court)から52万6,500ドル(約4,112万円)の罰金を科された。『スタッフ(Stuff)』など地元メディアが報じた。

同社は2000年以降、蜂花粉(ビーポーレン)のサプリメントをニュージーランド産として販売していたが、2005年ごろから中国産に変更。ラベルから“ニュージーランド産”表示は削除したが“中国産”とは明記せず、また“蜂”や“花粉”はニュージーランド産であると説明しており、誤解を生むとして2011年ごろにニュージーランド・メイド(New Zealand-made)から抗議を受けていた。

オークランド裁判所は、これを誤解を招く露骨な捏造と嘘であると判決。トップラインと同社代表のジェフリー・クック氏に対し、合わせて52万6,500ドルの罰金を支払うよう命じた。

http://www.stuff.co.nz/business/92778758/supplement-firm-fined-for-claiming-chinese-product-was-nzmade

http://naturebee.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)