【感動実話】コンテナの話

それでも私はコンテナのポテンシャルを信じている!!

どうも、ランチボックスはシステマ…ではなく使い捨てのコンテナを使い捨てないで使っています。ずくなしです。さすがにアイスクリームコンテナからランチを食べているときは同僚の視線が痛かったのを覚えています。(でもまた使う)
でもね…真面目な話、それぞれのコンテナの個性を知って腹を割って付き合っていけば、あーんなに使いやすいものはないですよ。
そ〜れ〜を捨てるとは…何だ!! 人でなしか!

そこで皆さまにおかれましては、もっと使い捨てコンテナの魅力を知ってもらうべく、特別にずくなし的“推しコン”をご用意しました。

では、ご堪能ください。

第3位
テイクアウエイコンテナ
さすが持ち帰り用だけあって一食分をきっちり入れることができます。電子レンジ対応なのもいいですね。通常余計なことが書かれていない透明な容器のため、羞恥心(羞恥心って何だ!?)を煽りづらくコンテナ初心者にもおすすめです。ただ酷使すると欠けや割れなど容器の破損が進みやすいため、休み休み使ってあげてください。

 

第2位
アイスクリームコンテナ(2L)
一家庭あたりのアイスクリーム年間消費量が世界一ともいわれるニュージーランドにおいて、このコンテナほど馴染みのあるものはないでしょう。容器に高さと容量があるため、ケーキなどの持ち運びに重宝します(おすそ分け用の容器としてもマル)。ただ蓋の噛み合わせに爆弾を抱えているため、液体の持ち運びには適していません。

 

第1位
パスタソースコンテナ
パスタソースより容器が欲しくて購入するほど優秀です。液体への耐性が非常に高く僅かな漏れも許しません。カチッと音がするまでしっかり閉めてください。これからの季節、スープなどの持ち運びに便利ですよ。

 

 

さてさて、皆さまに私のコンテナ愛は届いたでしょうか。

合言葉は“使い捨てない”。

皆さまのコンテナデビュー、楽しみにしております。

【感動実話】コンテナの話” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)