高等教育ランキング、NZは15位にランクダウン

Share

国際的な大学連携機関「ユニバーシタス21(Universitas 21)」が、最新の高等教育ランキングを発表した。

同ランキングは、国立大学の教育環境や国際的な連携などから総合的に評価し、国別で高等教育のシステムをランク付けしたもの。最高点は100点。2017年度の1位は100点の米国。2位は86.9点のスイス、3位は85.5点の英国だった。

ニュージーランドは昨年の70.9点から72.1点へスコアを上げたものの、順位は14位から15位に下がった。ニュージーランドは2013年の9位から徐々に順位を下げており、調査機関によると、国内の100万人あたりの研究者数が他国と比較して少ないこと、政府の教育投資削減などが影響しているという。

なお、オーストラリアは79.9点の9位。日本は63.2点の20位。アジア最高位はシンガポールの80.8点で6位だった。

http://www.universitas21.com/news/details/245/2017-u21-ranking-of-national-higher-education-systems

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)