女子ラグビー北九州大会、NZ優勝、日本最下位

Share

4月23日に開催されたラグビー7人制女子の国際大会「HSBCワールドラグビー・女子セブンズシリーズ(HSBC World Rugby Women’s Sevens Series)」北九州大会の決勝戦で、ニュージーランドはカナダと対戦。17対14でニュージーランドが優勝した。

日本代表は同大会のニュージーランド戦で31対0と完敗し、ロシア戦やフランス戦でも点数で大きな差を付けられ、12チーム中最下位。地元開催だったが、5戦全敗という悔しい結果に終わった。

ニュージーランドはアラブ首長国連邦・ドバイ大会、米国ラスベガス大会に続く今大会シリーズ3勝目。現在の世界シリーズランキングは1位となっている。

HSBC ワールドラグビー 女子セブンズシリーズ 北九州大会 第2日(4/23)試合結果のお知らせ

http://www.worldrugby.org/womens-sevens-series/stage/1721/fixtures

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)