4月19日、そんな気分を味わったNZ在住の外国人は少なくなかったのではないでしょうか。

(〇の箇所は”忖度”ください・・・※)

 

今回の移民法改正は日本の大手メディアでも取り上げらました。

ニュージーランドもビザ審査厳格化
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H3V_Z10C17A4000000/

昨年10月11日の突然の変更に続く今回の『改正』。当時でも「IELTS6.5取るの大変だな」「ポイントどうやって稼ごうか」と移住希望者の頭を悩ませる一方、「これは2年間だけだし、この変更で申請者が大幅に減ってまたすぐに元に戻るかも」という淡い期待があったのですが、その期待を前倒しで打ち砕き、ワークビザにまでメスが入るというダブルパンチ。準備に数年かけていた移住希望者だけでなく、移住関連業界や外国系企業など、多くの方々をどん底に突き落としたことが想定されます。

Immigration law: New rules ‘impossible’
http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11841268

「何なんだよNZ!一億総活躍 “移民”社会じゃねーのかよ

 

そして、NZ政府の公式発表、Changes to better manage immigrationの文言に出てきた、
https://beehive.govt.nz/release/changes-better-manage-immigration

“However, the Government has a Kiwis first approach to immigration and these changes are designed to strike the right balance between reinforcing the temporary nature of Essential Skills work visas and encouraging employers to take on more Kiwis and invest in the training to upskill them.

Kiwis first

このフレーズを見た瞬間、女性参政権を最初に獲得し、先住民の文化を守り、寛容さ、多様性を尊重するとされていたこの国にもバックラッシュ(揺り戻し)が起きつつあるのではと私は勝手に感じとってしまいました。不動産バブルにわき、渋滞が年々悪化、インフラ整備で自然が失われ、アジア系の住民が増え続ける母国に対してNZは失われつつあるとKiwisが憂うと同時に、排外主義に染まるアメリカやオーストラリアの移民締め出し政策に続いたNZにも移民排除、能力主義の波が襲ってきて、”WE”に含まれない移住を希望している外国人にもNZはかつてのNZではなくなっていくのかもしれません。

 

「永住権落ちたの私だ

日本では、#保育園落ちたの私だ、のハッシュタグで盛り上がり、国会前デモにまで発展をしましたが、TPPの時とは違い、マイノリティーが対象の移民法に関する抗議行動は当然のことながら起こりそうにありません(そのような情報がありましたらぜひご連絡ください)。今年の2月にトランプ米大統領との電話対談を友好的に行えたことをアピールし、様々な反響を呼んだイングリッシュ首相。9月に行われる総選挙に向け、各政党が対米外交や経済政策をはじめ、移民対策も争点とすることが予想され、世論が選挙結果にどのように反映されていくのか、しっかりと注意して見ていきたいと思う週末なのでした。

 

※これらの表現は2016年流行語大賞トップテンにランクインした「保育園落ちた日本死ね」のブログやそこから派生したものからとっています。

ユーキャン新語・流行語大賞2016

http://singo.jiyu.co.jp/detail.html#prize07

保育園落ちた日本死ね!!!

http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

http://www.gekkannz.net/wp-content/uploads/2017/04/staff-blog.jpghttp://www.gekkannz.net/wp-content/uploads/2017/04/staff-blog-150x150.jpgShin ItoStaff Blog移民,ビザ,永住権4月19日、そんな気分を味わったNZ在住の外国人は少なくなかったのではないでしょうか。 (〇の箇所は'忖度'ください・・・※)   今回の移民法改正は日本の大手メディアでも取り上げらました。 ニュージーランドもビザ審査厳格化 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H3V_Z10C17A4000000/ 昨年10月11日の突然の変更に続く今回の『改正』。当時でも「IELTS6.5取るの大変だな」、「ポイントどうやって稼ごうか」と移住希望者の頭を悩ませる一方、「これは2年間だけだし、この変更で申請者が大幅に減ってまたすぐに元に戻るかも」という淡い期待があったのですが、その期待を前倒しで打ち砕き、ワークビザにまでメスが入るというダブルパンチ。準備に数年かけていた移住希望者だけでなく、移住関連業界や外国系企業など、多くの方々をどん底に突き落としたことが想定されます。 Immigration law: New rules 'impossible' http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11841268 「何なんだよNZ!一億総活躍 '移民'社会じゃねーのかよ※」   そして、NZ政府の公式発表、Changes to better manage immigrationの文言に出てきた、 https://beehive.govt.nz/release/changes-better-manage-immigration “However, the Government has a Kiwis first approach to immigration and these changes are designed to strike the right balance between reinforcing the temporary nature of Essential Skills work visas and encouraging employers to take on more Kiwis and invest...ニュージーランド発の生活総合情報サイト