NZ人が主役の漫画、日本で公開

日本のスポーツ庁は4月19日、「スポーツによる地域活性化」漫画事例集を披露した。計12作品あり、うち1作がニュージーランド出身のマイク・ハリスさんについてを描いている。

漫画のタイトルは「世界が注目するアウトドア天国・みなかみ 群馬県みなかみ町」。バブル崩壊後、スキー観光客が減少し活気を失ったみなかみ町が、ハリスさんの活動によりラフティングやキャニオニングなどのアウトドア天国へと変貌を遂げていく経緯を紹介。漫画は群馬県みどり市にある桐生大短期大学部の学生、木村慎吾さん、斎藤来美さん、清水蒼衣さんの3人が描いた。

スポーツ庁は2020年開催の東京五輪、またそれ以降もスポーツを地域活性化に繋げるべく、2016年11月にスポーツが地域活性化に貢献した12事例を全国から選定し紹介する漫画の制作を決定した。

http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop09/list/detail/1384512.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)