スーパーラグビー、2018年から15チーム体制に

ラグビー連合協会SANZARは4月9日、2018年からラグビーリーグ「スーパーラグビー(Super Rugby)」の参加チームを現行の18チームから15チームへと縮小し、カンファレンスも4分割から3分割へと変更することを発表した。

これにより、オーストラリアから1チームが除外され計4チームに、南アフリカから2チームが除外され計4チームとなる。ニュージーランドから計5チーム、日本から計1チーム、アルゼンチンから計1チームに変更はない。

カンファレンスはニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの3分割となり、日本のサンウルブズはオーストラリア・カンファレンスに所属する。

現行のシステムでは実力の偏りや4分割による大会運営の複雑さなどが指摘されていたため、改善を図ったという。

Sanzaar confirm Super 15 tournament from 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)