羊からワインへ、農畜産ブーム移行

Share

近年の高価ワインブームにより、ニュージーランドでは羊の畜産からブドウの生産に切り替える畜産農家が増加傾向にあることが、米紙『ウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)』で紹介された。

同紙によると、米国やオーストラリアなどの大手ワインメーカーが、ニュージーランドの牧羊地をブドウ農園としての運用を増やしているという。

ニュージーランド産ワインの輸出は増加傾向にあり、米国における昨年の産地別ワイン輸入額はイタリア、フランスに次ぐ3位となっている。

https://www.wsj.com/articles/sheep-give-way-to-grapes-in-new-zealand-wine-boom-1490693409

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)